スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログの執筆スピードを4倍速くする方法

ブログを超速で書くためのアプローチの仕方を伝授します。

ブログの執筆スピードを4倍速くする方法


ブログを超高速で書こうとする際に気をつけていることがあります。
それは、「ディスプレイを見ないで書く」ということです。

いきなり結論から申し上げましたが、もう少々詳しく見てみましょう。

手順1. 見出しだけを書いていき、全体の骨組みを作る


まずは見出しを書いていきます。
大見出し、中見出し、小見出し。
その順番やそこでの言いたいことを、生地全体のできあがりをイメージしながらまとめていきます。

この過程はしっかりと取り組みましょう。
ここがいい加減だと、次の手順時においてグラつきます。

手順2. ディスプレイを見ないで、話しているような感覚で書く



さあでは、本文を書いていきましょう。
ただし、ディスプレイは見ないで書くこと!

では、どこを見て書けば良いのか。
もちろんキーボードonlyです。

ディスプレイを見ながら書いていると、誤入力とその修正に気を取られて、思考の流れがストップしてしまいます。
つまり、しゃべっている感覚では書けなくなります。

ディスプレイを見ずにキーボードだけを見て書いていると、誤入力は積み重なるものの、流れを途切れさせずに書き続けることができるので、まるでしゃべっているような感覚で書けます。
体感的には、本当にスラスラと書けている感じです。
この感覚が非常に重要で、全体の流れをイメージしながら書いていけるので、結論に着地するまでスムーズに筆が進みます。

このように書くことで、執筆スピードは格段に向上するでしょう。

手順3. 推敲し完成!


しかしもちろん、この書き方だと誤入力は積み重なります。
それについては、一旦記事を全部書き終えたあと、最後にまとめて行うようにしましょう。

誤入力の修正も、まとめてやったほうが効率的です。
書くときは書く。推敲するときは推敲する。このメリハリが大切です。

ちなみにこれは私だけでしょうが、最後の誤入力チェックに際し、誤入力の数がゼロだったら「俺やるじゃん!!」的な遊びをしてこっそり盛り上がるのも良いでしょう。
この執筆手法は、なんだかんだでかなりおすすめです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。